義務教育と三世代同居で関わる家族パーティーについて

英才教育とは

英才教育とは、優れた知識・技能を子どもたちに身につけさせるために行われる教育の事を言います。
一般的な教育とはまた違っており、その講師として選ばれるのはその道でもとても有名な人等の場合も少なくありません。
また子供が身に付けることを目的としているのは勉強に関する事等だけでなく、楽器の演奏や運動能力等その分野は多岐にわたっています。

 

基本的に教育を開始する年齢と言うのはある程度早い方が良いと言われる事も多く、英才教育を意識している人の場合は1歳、2歳位から始める人も決して珍しくありません。
また英才教育は脳を育てるという所に着目して行われる場合もあり、そういった分野に対して効果が期待できるという事を宣伝している塾等も存在しています。

 

子供は大人に比べると情報等の吸収力が高く、直ぐに簡単に物事を覚えるという事も決して少なくありません。
そういった特徴に注目し、さらに子供の能力を出来るだけ引き上げるという事を意識して行われる物だと言っても良いでしょう。
ただ実際には子供には得手不得手と言うのがあります。
また子供の特徴によってはどうしてもすぐに簡単に知識等を身に付ける事が出来ないという場合もある為、英才教育を施してもすぐに結果が出るとは限らず、時間を要する場合があります。

古希とは70歳をお祝いする風習です

日本では誕生日以外でも年齢そのものをお祝いする風習があり、還暦や米寿が挙げられます。
古希もその中の一つであり、数え年で70歳を迎える人を祝います。

 

元は古稀と書き、これは中国の詩人杜甫の詩の一節である人生七十古来稀なりに由来しています。
現在では産業や科学技術の発展により人々の寿命は日本では約80歳は生存可能になってます。
しかしかつては人生50年と考えられており、還暦である60歳で長寿の証だと言われてました。
その為70歳と言う年齢を迎えることは非常に稀だということから、古希がお祝いされるようになりました。
よく長寿祝いでは年齢によってお祝いに適した色が存在し、還暦なら赤、米寿なら黄色や茶色が好まれます。
70歳を迎える古希の場合は紫色であり、これはこの色が昔から特別であり位が高い人しか身に付けるのを許されなかったためだとされます。

 

事実歴史上の人物で有名な聖徳太子の冠位十二階では最上級の色が紫であったり、天皇が身に付ける色でもありその特別さが際立ちます。
また紫色には落ち着きや安らぎなどの癒し効果もあると考えられ、これらの意味合いから長寿への敬意の表れとしてこの色の物をお祝いの品が最適だとされます。

 

ちなみに紫を祝福の色として扱うのは古希以外では喜寿が当てはまり、これは77歳を迎えた人のことを指します。
現在ではインターネットを初めとした市場では長寿祝いのギフト商品が多々販売、紹介されてます。

 

還暦祝いに何が人気あるのかはランキングサイトで概ね傾向が見えてきます
還暦祝いに選ばれるランキングはこちら

 

70歳を迎える人への贈り物では日頃の感謝を綴ったオリジナルの詩、ネームポエムが人気が高いです。
この他には湯呑、女性の場合紫色のブリザードフラワーが注目を集めてます。
逆に古希に限らず長寿祝いに適さない贈り物も存在し、誤って渡さないように注意すべきです。
まずはパジャマや枕といった寝具は寝たきりを連想させるので渡すべきではありません。
室内あるいは外出時に履くスリッパやサンダルといった履物も踏みつけるという年長者に失礼な意味合いを持つので控えるべきです。
この他にはハンカチや櫛も挙げられ、これらもお祝いに適さないものなので購入時は気をつけるべきです。